キャンプへ行こうトップ >>

キャンプへ行こうへようこそ!

キャンプへ行こうへアクセスしていただき、ありがとうございます。

キャンプへ行こう

大きく分けてキャンプ場には車をサイトに横付けできるオートキャンプ場荷物の搬入時だけサイト横まで車をつけていいタイプ、そして車を駐車場にとめサイトまで荷物を搬入しなければならないタイプがあります。

家族という最小単位で行うファミリーキャンプに比べ大人数での団体キャンプは、運営のノウハウも安全管理の方法論も難しくなります。

キャンプに出かける当日に予定通り出かけるかどうかの判断は、キャンプ中の天気や参加者の体調をもとに決めましょう。

天気について勝手に希望的観測をせずに、キャンプ場の管理者や地元の人のアドバイスには謙虚に耳に傾けるようにしましょう。

まずはあいさつから始まり、いろいろな人とコミニュニケーションをして友達になりましょう。そして、お互いに協力して楽しいキャンプをしましょう。

見ず知らずの山の中や河川敷でのキャンプは、自然を汚し、そこに住む生き物を殺したり時には自然の脅威となって事故やけがの原因となります。

時期としては晩春から初夏がベストです。真夏(特に夏休みシーズン)は予約でいっぱいになっているキャンプ場が少なくありませんし、行き帰りに渋滞に巻き込まれる可能性が高いです。

キャンプ場のルールといってもだいたいのキャンプ場はめちゃくちゃ厳しいルールを決めているわけではありません。

テントを持たずシュラフとシュラフカバー、あるいはテントの変わりにツエルトを使うといてう方法は、アウトドアて感じでかっこいいがやはり雨が多く湿気の高い日本ではやはりテントは必要でしょう。

キャンプ場にしろ公園にしろ管理事務所などに問い合わせをするときには、利用可能時間・料金はもちろんのこと、設備状況(テーブル、イスは備えつけか?) や備品レンタルの有無(BBQコンロなどの用具の貸出しは?)をしているかどうか聞いておきましょう。

キャンプへ行こう記事一覧

キャンプへ行こう

キャンプの基本

キャンプへ行こう

初心者のためのキャンプ知識

当サイトについて

キャンプへ行こうは、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:家族で楽しむ

キャンプファイアーというと、細かい式次第があったり暗黙のルールやしきたりがあったりという印象を受け・・・